Basic Policy令和4年度 基本方針

令和4年度 基本方針

 私たち鹿児島県栄養士会は、管理栄養士・栄養士としての専門的で高度な知識と技術をもって「食と栄養」に関する情報を鹿児島県民に提供し、健康増進、福祉の向上、公衆衛生の向上、QOLの向上にいっそう尽力し「いのち・生活・人生」を支え続けます。また、県民が住み慣れた地域で安心して暮らせるための栄養相談の窓口としての鹿児島県栄養ケアステーションを整備し、食育活動、生活習慣病の予防及び重症化の予防、介護予防活動を実践します。

 また、「心豊かに生涯を送れる健康長寿県の創造」(健康かごしま21)を達成するために、「高血圧」や「糖尿病(予備群を含む)」、「脂質異常症」の有病者の増加、「低栄養の高齢者」の割合の増加等の課題に対して公衆栄養学的アプローチを実践し「人生100歳時代の実現」をテーマとします。対象者お一人おひとりの生活に合わせた行動変容への具体的な情報提供と地域社会との繋がりを実感できる絆づくりを通してQOLの向上と健康増進に貢献します。鹿児島県の「鹿児島すこやか長寿プラン2021」や市町村の「地域ケア会議」に参加協力します。

 そして、鹿児島県保健医療計画の方針「県民が健康で長生きでき,安心して医療を受けられる,みんなが元気な鹿児島」を実現するために、人材不足などの県内の地域格差を解消すべく管理栄養士・栄養士の雇用促進、定着のための地域ネットワークを整備します。

 さらに、「県民公開講座」および「管理栄養士によるクッキング講座」「スポーツ栄養セミナー」を開催し、県民の疾病予防・健康増進に貢献します。「栄養110番」では県民からの電話による栄養相談を実施し、「歯と口の健康週間」「小児糖尿病サマーキャンプ」「市民健康まつり」「全国糖尿病週間事業」などの健康・栄養関連事業や食育活動に参加・協力します。

 ハイブリッド型研修会(オンサイト・オンライン)及び生涯教育を複数回開催し、管理栄養士・栄養士の資質の向上を図ります。

 「垂水市在住一般住民における前向きコホート研究」に協力して、地域に適した栄養改善方法について研究します。

 また、鹿児島県の「総合防災訓練」や鹿児島市の「桜島火山爆発総合防災訓練」にJDA-DAT鹿児島として参加し災害支援のスキルとネットワーク力を強化します。

 そして、「かごしま臨床栄養連携研究会」では、医療職との共同研修会を実施し、臨床・福祉の現場における医療職協働における実践的なスキルを学び、病院・施設・在宅へのシームレスな栄養管理の在り方を研究します。

PAGE TOP